browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

甲府市のメガ太陽光発電を見て設置を決意

山梨県甲府市は年間の日照時間は2183時間と全国1位を誇ります。
その全国トップクラスの日照時間を活かして、甲府市の下向山町に10000キロワットの発電量となる米倉山メガソーラーが完成しました。
10000キロワットの電力は一般家庭の3400軒分に相当します。
先日、このメガソーラーを見に家族と行ってきました。
実はこの米倉山メガソーラーのある場所は、今一躍話題の観光スポットになっているのです。
一面に広がる太陽光パネルは機械的というよりは、むしろ綺麗なくらいで、太陽光パネルを1周して眺められる遊歩道も整備されています。
山々の景色とパネルの眺めが最高です。
また、ゆめソーラー館やまなしという、太陽光発電について学べる資料館も併設されており、大変勉強になりました。
どうやって太陽からエネルギーが作られるのかとか、地球温暖化についての解説など興味深く見てきました。
映像や光のイリュージョンなど目で見て楽しい展示が多く、この全てが太陽光エネルギーでまかなわれていると思うと、すごいなと思ったのです。
クイズマシンを使って再生可能エネルギーや蓄電技術、省エネルギー、山梨県の取り組みなどについて、家族で楽しくクイズに答えたりもしました。
こんなことを体験しているうちに、太陽光発電ってやっぱりすごくいいかも、という話になり、我が家では現在、各メーカーや地元の工事業者からパンフレットや見積もりを取り寄せて検討に入っているところです。