browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

実際にやってみてよかったと思えたこと

実際に導入している人の話や、サービスをお勧めしてくる人たちの話だけを聞いていると、どうしても太陽光発電に対するいい面だけが、聞こえてくるような気がします。
ですから、実際にやってみないと分からない事も多いと思います。
それもあって、確実にいい事である、毎日の光熱費を縮小できる事や、環境に対して配慮できると言う間違いない部分だけに期待して、実際に太陽光発電を設置してみました。
すると、やってみて初めて分かったよかったと思ったことも、沢山ありました。
まず、ソーラーパネルを始め、システムのメンテナンスが手間のかかる事ではない事と、トラブルが多いものではないことが良かったですね。
どうしても、新しいシステムなので、未知数の部分が多く、不安に思う要素ではありました。
しかし、実際には定期的に点検にも来てくれますし、実際に具体的に手を加えるのも、数年に一回くらいの割合でしたからね。
さらに、台風が多い地域に暮らしているので、どこかの電線が切れるなどで、停電に見舞われることが多いのですが、太陽光発電を設置していると、電気が使えるんですよね。
ライフラインが確実に確保できる点は、本当に良かったと思わせてくれますよね。
なにより、良かった事は、私の地域は補助金がしっかりと受け取れた事と、電気を効率よく作り出せる自然環境と、家の建っている位置だったことですね。
電力会社に買い取ってもらえて、かなり早く初期費用をカバーできて、本当によかったです。