browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

積雪の話

太陽光発電は屋根の上に太陽光パネルを設置して行う発電方法です。
環境に優しいクリーンなエネルギー源として、また光熱費をまかなう事が出来る財源として多くの家庭で活用されています。
国や自治体から補助金が交付されていたり、電力会社が余剰電力を通常の2倍で買い取ってくれていたりと、経済的メリットは大きいものです。
ただし、自然エネルギーであるため、冬場になると発電量が低下するなどといった事も当然起こります。
特に冬場において問題となるのが積雪です。
積雪の多い地域では、パネルの上に積もった雪が問題となります。
第一に、パネルの上に積雪があると、その間は全く発電できなくなります。
屋根の上の話であるため、安易に登って落とすと言う事も出来ないので、溶けて落ちてくるのを待つしかありません。
ただでさえ低くなる真冬の発電のさらなる妨げとなってしまうのです。
第二に、パネルの積雪の落下の問題があります。
パネルを大量に載せるための効率を考えて、南側に向かって片流れの大屋根を載せる住宅も見られるようになりました。
このような場合には、今度はパネルの上の雪が、一度に落下してくる事があるので、庭先にいると危険な場合もあります。
パネルの上に雪止めを付ける事は出来ませんので、住んでみて初めて分かった問題点であると感じる人もいるようです。
立地が良ければ、夏場はほぼ期待通りの働きをしてくれる太陽光発電ですから、課題は冬場という事になりそうです。