太陽光発電をするなら山梨が最適です

北から南へと国土を有する日本において、もっとも太陽光発電に適した場所はどこかと聞かれたら、それは山梨です。
その理由は晴れの日が多いということもありますが、なんといっても全国一の日照時間の長さを誇るところだからです。
もっとも日照時間の短い秋田県と比べると、その差は実に600時間近くになるというのですから驚きです。
この時間を太陽光発電で作る電気料金に換算したら、いったいいくらになるか想像もつきませんが、かなり金額面で差が大きく開くのは、想像に難くありません。
日本でもっとも太陽光発電に適した場所である山梨に住んでいるのなら、取り入れなければもったいないといった気にさえなってきます。
自然エネルギーはこれからの時代、原子力発電に代わるエネルギーとなってもらわなくてはならないのですから、効率よく太陽光から発電できる地域から設置をはじめ、なかなか発電が思うようにできないところへ電力を融通してあげるくらいのことを、していかなくてはならないのではないでしょうか。
恵まれた条件の場所から普及していくことによって、だんだんと人々の電気の使い方や意識が変わっていくことは間違いないでしょう。
そうなれば、条件的にはもっとも恵まれたところほどではないものの、妥協するところは妥協してもやってみようと考える人も出てくると思います。
太陽光から生まれたエネルギーを使う生活がどれほどいいものか、山梨の人は他の地域の人たちに伝える義務があるかもしれません。

Categories: 太陽光発電と山梨