browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

太陽光発電のコストは高いのか?

太陽光発電システムを導入するに当たり一番気になるところというのは導入コストということになります。
太陽光発電システムを導入するに当たってはどういう機器を購入するのかによっても異なってきますし、太陽電池モジュールがあっただけでは太陽光発電は利用できませんので、太陽電池モジュールの設置工事や太陽電池モジュールで発電した電気を家の中でも使用できるようにするような電気工事、そして太陽光発電で余力電力を売電するような電力会社対応工事などが必要になってきます。
これらを含めての導入コストとしては200万円程度はかかってしまうということがあります。
導入コストの高さというのが太陽光発電システムを導入するのに二の足を踏んでしまう要因になってしまいます。
よく太陽光発電のメリットとして言われていることとしては売電できることがあります。
売電というのは太陽光発電により余った電力を電力会社に売ることができるということです。
電力会社に電気を売る際の単価については毎年経済産業省によって発表されています。
2012年10月時点での売電価格は1KWhあたり42円ということになります。
現在太陽光発電システムを導入すると10年間はこの42円という売電価格が維持されるということになります。
売電価格が42円ということになりますと、約12年で設置コストが回収できるということが言われています。
なお売電価格については毎年改正されますので、将来的には売電価格が下がるということも十分あり得ます。
もう一つの経済的メリットとしては、今まで電力会社から使用していた電気量に比べたら太陽光発電により少量の電気を買うだけで済むので、電力会社に支払う電気代が格段に安くなるということがあります。
将来的に電力会社の電気代が今まで以上にかかるということになりますと、太陽光発電システムを導入することで支払う電気代を抑えることができるということが言えます。
太陽光発電を導入するコストというのはやはり導入コストと導入した後の経済的コストなどを考慮して考えていく必要があるということが言えます。